美容のために紫外線対策

夏の肌は、汗をかきやすく、ベタつきがちです。この肌の状態は、夏が終わっても、しばらく続くと考えられます。
目に見える表面と、内側の肌とでは、大きな違いがあります。
この時期は、毛穴は皮脂を分泌する運動が活発になるので、肌の表面には多くの油分が出てきます。しかし、肌の内側ではうまく水分・油分を取り込むことができず、乾燥が続き、肌のバランスは崩れ、悪くなっています。
これが、夏の終わりの時期に現れるインナードライ肌です。

べたつくからと言って、化粧水だけで済ましてしまったり、必要以上に洗顔を繰り返してしまったり、肌の表面的な部分だけを見てしまうと、どうしてもダメージを増やしてしまうことになります。
油分を肌が出すのも、これは肌が、肌自身を守るために油分を出しているのです。
そして、この乾燥が一層進むと、ニキビやシミなどの症状として現れてきます。
うっかりして日焼けをしてしまった時は、まずは、肌を落ち着かせましょう。
化粧水で水分をしっかりと補給し、過剰なマッサージは避けたいところです
。正しいケアで、この秋を乗り切りたいですね。


先頭へ戻る